アーカイブ

カテゴリ

年収次第で設立も

個人事業主として年収が増えてくると、税金というのが気になってきますよね。
最近良く聞くのは個人事業主から会社を設立することにより、節税対策ができるという話です。
では、実際に会社設立による節税対策というのは効果があるものなのかどうかという話をしていきましょう。
また、個人事業主として年収がいくら有るかに寄っても会社設立をするべきか否かという判断ができます。
会社を設立することによるメリットとデメリット、それぞれを理解した上で行動するべきでしょう。

税金面での優遇

所得が増えるほど個人事業よりも会社の方が切地面の優遇をされるという話、これは年収が500万を超えた当たりからの話です。
これは年間所得が400万円以下、400万円以上になることで法人事業税が変わってくる事によりますね。
更に所得が800万を超えれば法人税、法人事業税、法人住民税所得割が大きく増えることになります。
こういった理由で税金面だけを考えれば、500万円を超えた当たりで会社設立をし、社長として役員報酬を得たほうが得になりますね。

他にもメリットは有る

会社を設立による、節税対策というのはこれだけではなく、その他にも様々なメリットが存在します。
また節税効果だけではなく、保険や信用にもメリットはそんざいしますから、お得だといえるでしょう。
これらのメリットは年収500万円以下であっても適応されるものですから、400万を超えた当たりで会社設立というケースが多いですね。
節税対策だけではなく、どのようなメリットがあるかを知ることが大切です。

合同会社設立をしたいなら全国一律料金で行う/会社設立サポート事務局